トイレ コーティングのコーティングを長持ちさせるには?

query_builder 2021/08/03
コラム

最近ではメジャーになってきたフロアーコーティング。

フローリングだけではなく、トイレにやっている方も多いですよね。

でも、トイレって家の中で一番使う場所なので、他の場所より早くダメになってしまいそうですよね。

そこで、今回は、トイレのコーティングを長持ちさせる方法をご紹介したいと思います。

▼トイレのコーティングを長持ちさせる方法は?

コーティングをしたトイレでも、フローリングと同じで全く汚れが付かないと言う訳ではありません。

水分が飛び散ったり、黒ずみなどが出てきてしまい、それを放置していると汚れが定着してしまう可能性があります。

そのため、定期的な掃除が必要ですが、コーティングを長持ちさせる為には注意が必要です。

どんなことに注意をしたら良いか見てみましょう。

■ゴシゴシこすらない

トイレを掃除する際に、研磨剤が含むものや、硬いたわしなどでトイレの表面をゴシゴシこすってしまうと、コーティングが剥がれて、防汚効果や撥水効果がなくなってしまいます。

汚れを落とす場合は、柔らかいスポンジやぞうきんで優しくお手入れするようにしましょう。

■表面は定期的に拭き掃除をしよう
トイレで手を洗っているご家庭では、やはり水垢なども気になりますよね。
とくに小さなお子さんがいる場合は、タオルで拭く前に手を振って、あちらこちらに水しぶきを飛ばしてしまうことも良くあります。
できれば週に1~2回はトイレに入ったついでに拭き掃除をするようにしましょう。
その際は、柔らかい布やタオルなどで優しく拭いて下さいね。
使い古したタオルやバスタオルなどを小さく切って置いておくと、すぐに拭くことができるので便利ですよ。
■洗剤の成分に注意
トイレ用の洗剤には「中性タイプ」「酸性タイプ」「塩素系タイプ」など様々な種類が販売されていますよね。
コーティングをしているトイレに酸化力の辛い洗剤を使ってしまうとコーティングが落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。
洗剤を使う際は、必ず製品の成分を確認し、コーティング剤にあった物でお手入れするようにしましょう。

NEW

ARCHIVE