フローリングに寿命ってあるの?

query_builder 2021/02/01
コラム

日常生活に欠かせないフローリングですが、寿命ってあるのでしょうか?
フローリングの元々の素材は木材なので、ずっとそのままの状態は続きません。
劣化してしまうと張り替えることが必要になってきます。

じゃあ、一体フローリングの寿命ってどのくらいなんだろう?

ご存じない方のために、フローリングの寿命についてご紹介していきたいと思います。

▼フローリングの寿命

一般的にフローリングの寿命は約10年~20年くらいだと言われています。
施工してこの期間になると、張り替えを考え、重い家具や荷物が置いてある床は想像以上に酷使されています。
特に、床材の剥がれ、床鳴りは、下地自体が傷んでいる場合があるので注意して下さい。

新しくお家を建てて10年~20年くらい経った時、床材の剥がれ、汚れ、割れ、傷が目立つ時には、フローリングの張り替えを検討してみて下さいね。

▼フローリングが劣化する原因
フローリングの劣化する原因は日焼け、傷、水分です。
■日焼け
フローリングは紫外線による日焼け、特に南向きの部屋&日当たりのいい部屋の日焼けを防ぐのは難しいです。
木材である以上、日焼けを完全に防止することはできません。
日焼けをしてしまうと、黄変や白化、ひび割れなどが生じてしまいます。
■傷
生活していくうえでフローリングに全く傷をつけずに生活するのは無理です。
傷ついた床は見た目が悪くなるのはもちろん、傷がさらに深くなったり、そこに水分が入ってしまったりすると、フローリングの寿命を縮めてしまう可能性もあります。

■水分
水分を吸収すると腐食しやすくなり、フローリングの寿命を早める原因になってしまいます。
掃除で雑巾がけをした時も、実は少しずつですが水分がフローリングに吸収されて知らないうちに劣化の原因になってしまっているのです。
フローリングの劣化する原因は、普通に生活しているだけでも寿命は短くなってしまいます。工夫や対策でその寿命を伸ばすことも可能です。疑問・質問などありましたらお気軽にご連絡下さいね!

NEW

ARCHIVE