床暖房のフローリングはワックスとフロアーコーティングどっちが良い?

query_builder 2020/12/01
コラム

新築やリフォームするとき、いつまでもキレイなフローリングを保ちたいから、ワックスをかけたり、フロアーコーティングを検討する方も多いですよね。

でも「床暖房だけど大丈夫かな?」と心配なご家庭もいるのではないでしょうか?

今回は【床暖房のフローリングにはワックスとフロアーコーティングどっちが良いのか?】ご紹介したいと思います。


▼床暖房のフローリングにワックスやフロアーコーティングはできる?

結論から言うと「床暖房のフローリングでも、両方できます!」

ワックスは自分で出来る分、コストが安く済むので経済的に楽ですよね。
ですが、年に数回かける必要がありますし、素人だと床暖房をダメにしてしまう可能性があります。

一方、フロアーコーティングはコストがかかりますが、見た目もキレイで1度やると、数年持つのでメンテナンスの必要がないと言うメリットがあります。

どちらにもメリット・デメリットが存在しますが、どんなものがあるのか見てみましょう。

▼ワックスのメリット・デメリット

床暖房のご家庭では、一般的にワックス掛けを行っている方が多いのではないでしょうか?

ワックスは市販の物を購入し、自分でできるのでコスト面ではかなりメリットがありますよね。

ですが、市販のワックスは色々な種類が売っているので、床の素材に合ったワックスを選ぶようにしましょう。

また、ワックスの成分や種類によっては、他の暖房器具を使っていると、フローリングがベタベタしてくる場合もあるので、耐熱温度も確認するようにしましょう。

【ワックスのメリット】
・コストが安い
・自分で好きなときにできる


【ワックスのデメリット】
・3~6ヵ月に1回メンテナンスが必要
・水や湿気に弱い
・滑りやすい
・剥がれやすい
・シミやキズができやすい


▼フロアーコーティングのメリット・デメリット

フロアーコーティングの最大のメリットは、耐久年数が長く効果が持続することですよね。

また、ワックスより水に強いので、うっかりジュースをこぼしても安心です。

フロアーコーティングをしていると、床暖房による乾燥や変色・劣化も防ぐことができます。

ですが、フロアーコーティングにも「UVコート」「ガラスコーティング」「ウレタンコーティング」など種類があり、耐熱温度が違うので、必ず施工業者の方にどのような商品が合うか確認してくださいね。

【フロアーコーティングのメリット】
・耐久年数が長い
・キレイを保てる
・水に強い
・滑りにくい
・メンテナンスが不要
・掃除が楽

【フロアーコーティングのデメリット】
・金額が高い
・業者選びが必要


当社では、豊富なメニューをご用意していますので、フロアーコーティングをご検討されている方は、ぜひご相談ください。

NEW

ARCHIVE