フローリングの防水を高めるには?

query_builder 2020/07/22
コラム

小さい子供がいると、飲み物をこぼしてしまったりということは日常茶飯事ですよね。
冬場の窓際の結露なんかもありますし、床に水分が付着してしまうことは日常に多くあります。
フローリングに水分が放置されてしまうと、フローリングの変形や傷みの原因になってしまいます。
ここでは、フローリングの防水性を高める方法をご紹介したいと思います。

▼水分が原因となるフローリングのトラブル

・床表面がはがれる
・床材の膨張や伸縮
・床下の腐食
・床下や表面のカビ
・変色やシミ
・ワックス塗布の床の場合、白化

水分が原因となるトラブルは様々です。
傷みや腐食範囲が広くなると、床の全面張替えが必要となる場合もあるので日ごろから防水対策をすることが必要です。

▼防水性を高める方法j

■防水マットや防水シート
防水のマットやシートが様々なサイズやデザインで市販されています。
防水マットはビニール素材が掃除もしやすくオススメです。
防水シートはマットよりも薄いです。水を通さず、湿気は通す透湿防水シートがオススメ。

■防水仕様のワックス
一般的なワックスと比べると耐水性が高く、ワックスにありがちな水分の放置による白化も防止することが可能です。
但し、日常生活で傷がつき、防水の膜がはがれてしまい効果が落ちてしまいますので、定期的に塗りなおすことが必要です。

▼日ごろからお手入れすることが大事

飲み物をこぼしてしまったり、水気を飛ばしてしまった場合はすぐに拭き取る様にしましょう。冬場の窓際の結露や雨の吹き込み等にも注意しましょう。
又、フローリングの掃除は水気を利用した方法はせず、乾いたぞうきんやモップを使用しましょう。酷い汚れ落としをしたい場合は、硬く絞ったぞうきんを使い、仕上げに乾拭きしてください。

▼もっと簡単な方法は
専門業者にフロアのコーティングをお願いすることもオススメです。
ワックスがけの手間を省けますし、綺麗な状態を長時間維持出来ます。
水や洗剤などの耐水・耐薬品性もあるのでお手入れは水拭きが可能です。
当店ではお見積もりを無料で承っております。
是非お気軽にご相談ください。

NEW

ARCHIVE