カビを予防して艶のあるフローリングへ

query_builder 2020/07/15
コラム

フローリングにカビが生えてしまった...。

カビを発見した瞬間落ち込んでしまいますよね。

とくに水回りのところやカーペットなどを敷いているところは、湿気が多く溜まってしまうので、どうしてもカビが発生しやすくなります。

カビを発見し、カビ取りをご自身で除去しようとするのも大変な作業になりますよね。

フローリングのカビは、しっかり除去しないと、腐食してしまうことがあります。

フローリングのカビを除去して、コーティングをすると、防カビ対策にもなります。


▼カーペットの敷きっぱなしはカビが生えやすい?

リビングやそれぞれのお部屋にカーペットなどの敷物を敷かれているご家庭も多いと思います。

フローリングは木材なので、水分に弱く、キッチンや洗面所など、水回りのあるところはカビが生えやすくなってしまいます。

さらに、フローリングの上にカーペットを敷きっぱなしにしていると、湿気が溜まってカビが生えてしまいます。

カビが生えると、カビ取りも大変になりますよね。

カーペットを敷いている場合は、通気性を良くし、敷きっぱなしはしないようにしましょう。

また、窓の結露がフローリングに落ちて、そこからカビが発生することもあります。

フローリングに落ちないよう、結露を拭き取るのもカビ予防におすすめです。


▼カビを除去してきれいなフローリングはお任せください。

フローリング部分にカビが生えてしまった場合は、カビをしっかり除去して、カビを予防するワックスでフローリングをきれいにしていきます。

フローリングのコーティングが剥がれてしまっている部分から、湿気などの水分でカビが生えやすくなっているので、カビ予防ができるコーティングをかけると、しっかりカビ対策ができます。

また、コーティングをすることで、カビ予防の他に、床の保護やお掃除が楽になるといったメリットもあります。

フローリングの状態や年数によっては、張り替えの方がおすすめの場合もございますので、フローリングにカビが生えてお困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

NEW

ARCHIVE