フロアコーティングが剥がれてきたら?

query_builder 2020/05/28
コラム

ここ最近は、フロアコーティングの認知度が高まり、新築を買ったらフロアコーティングを施工する人が増えています。
ですが、傷などを保護してくれるフロアコーティングが剥がれてしまうことがあります。
剥がれてきた場合、早めに対処することがポイントです。
フロアコーティングが剥がれてしまう原因や対処法をご紹介します。

▼フロアコーティングが剥がれる原因
フロアコーティングが剥がれてしまう主な原因を見ていきましょう。

■密着不良
密着不良とは床のクリーニングが不十分な場合に起こる施工不良で、床に油分や洗剤が付いていたりすると塗膜硬化後であっても剥がれることがあります。
また、フローリングの床材とコーティング剤の相性がよくなかったという場合も。

■水がついた状態で放置した
あまり水気に強くないコーティングをしている場合、
コーティングが剥がれてしまった上にフローリングが腐ってしまう場合もあります。

■熱による劣化
コーティングの種類によっては、ホットカーペットなどの熱が原因で剥がれてしまうことがあります。

■ペットのおしっこによる劣化
ペットを飼っていて、フローリングを爪の傷から守るためにフロアコーティングをされる方もいますが、
爪だけではなくおしっこに含まれるアンモニアは強い刺激を持つ成分です。
なので、ペットが粗相をしてしまうと耐性がないフロアコーティングの場合、塗装が剥がれてしまいます。

これらが、フロアコーティングが剥がれる主な原因になります。

▼剥がれた時の対処法
フロアコーティングが剥がれてきた際に、業者を呼ばずに自分で修理できないかと考える人もいるのでは?
一部のコーティングでは補修できることもありますが、一度剥がれてしまったコーティングは剥がれやすい状態になっているので、
中途半端に修理してもまたすぐに剥がれてしまいますし、ほとんどのコーティングは自分では修理することができません。
なので、まずは保証の内容を確認しましょう。
基本的にフロアコーティングの剥がれは業者にしてもらうのが安心です。

フロアコーティングが剥がれてきたら、後回しにしたり無理に自分で補修しようとせず、早急に連絡することが大切です。

NEW

ARCHIVE