シリコンコーティングのメリット、デメリット

query_builder 2020/05/25
コラム

フロアコーティングの代表的な種類の1つであるシリコンですが、
比較的に平易に施工可能で、その前後で違いがはっきりとわかる光沢をもつため多く使用されていました。
今回はそんなシリコンコーティングのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

▼シリコンコーティングとは?
シリコン樹脂のことで、アクリル樹脂やウレタン樹脂と比べて耐久性に優れていて、汚れや水に強いです。
合成樹脂なので塗料を同じく自然乾燥で硬化させることが可能です。


▼メリット
・コストが抑えられる
シリコンコーティングは昔から使用されてきた一般的に人気のコーティングなのでコスト面でも費用を抑えることができます。

・高い光沢で内観を豪華に見せてくれる
特に濃い色・黒系のフローリングは鏡のような仕上がりに見せてくれます。
清潔感があるようにみせてくれるのも特徴です。

・転倒防止になる
シリコンは厚みのあえう被膜で、グリップ性(滑りにくさ)がより高く発揮されます。
グリップ性が高いことで、転倒による怪我のリスクを抑える働きがあります。

▼デメリット
・光沢を好まない人には不向き
今では光沢を好まない人も増え、あたたかみのある床面を好む方も多いです。
そんな方には光沢が高いシリコンは不向きと言えます。

・汚れや傷が目立ちやすい
光沢が高いシリコンは少しの傷でもはっきり目に入ってしまいます。
気になる方は拭き掃除を頻繁に行うかスリッパを利用するなど床面に配慮することが必要になります。

・補修が難しい
シリコンコーティングは被膜が厚いため剥離剤に反応しにくく、剥がしにくいことが特徴でもあります。
そのため補修が難しく施工に失敗した際や、経年劣化が生じた場合のリスクが高いころがシリコンコーティングのデメリットとなっています。

フロアコーティングは長年付き合っていくうえで費用はもちろん自分の好みや、
コーティングの特徴を知って付き合っていくことが大切ですね。
 

NEW

ARCHIVE