フロアコーティングのデメリットってなに?

query_builder 2020/05/09
コラム

みなさんフロアコーティングってご存じですか?

フロアコーティングとは、床にコーティング剤で膜を張り、汚れをつきにくくする方法なんです。

ジュースなどの色が着きやすい飲料をこぼしても汚れにくくなり、毎日の掃除が楽で、床をいつまでも新築の時のままに保ってくれます!

そんなフロアコーティングにもデメリットがありますので紹介していきますね。


▼デメリット

実際に施工する前にデメリットもよく確認しておきましょう。


■費用が高い

フロアコーティングの1番のデメリットは、費用が高いこと。

ワックスを自分でかけるなら費用は購入代金のみですが、フロアコーティングは基本、業者に頼むので人件費等が必用になります。

またコーティングの種類によって費用が多く発生する場合もあります。

業者に頼むとどうせなら全部やってしまおうと、施工する面積が広くなり、広ければ広いほどに費用が高くなってしまいます。

そして耐用年数が長いものであれば、それだけ費用も高くなるので注意して下さい。


■前準備が大変

フロアコーティングを施工する前に、部屋の家具を動かしておく必要があります。

大きい家具や部屋の数が多いと大変なので、業者に頼めば移動も含めて行ってくれるところもありますので、

事前に相談されてみて下さいね。

新築の場合は入居前にやっておくと家具を動かすといった手間はなくなります。


■意外と傷が目立つ

フロアコーティングは意外と傷が目立つ場合もあります。

コーティングを行うと床を守ることができるのですが、光沢がある分細かな傷も目立ちやすくなります。

傷を目立たせないためには、光沢や艶を抑えたコーティングを選ぶことをオススメします。



普段から床を汚さない、傷つけないようであれば、フロアコーティングをする必要はないですが、

コーティングをするに場合は、金銭面の問題や疑問をしっかり整理して検討されてみて下さい。

疑問、質問、お見積りは無料なので、お電話で気軽にご相談されて下さいね。